六本木ヒルズの美容皮膚科·皮膚科·形成外科·歯科 医療財団法人青輝会 アオハルクリニック

AOHAL CLINIC HEALTH AND BEAUTY DESIGN STUDIO[歯科診療]

ご利用可能クレジットカード会社
ご予約・お問い合わせ[完全予約制]03-5786-1154 診療時間 診療日/月・火・水・土  10:00-14:00 / 15:00-19:00

逆さまつ毛(睫毛内反症)で不快

feature

逆さまつ毛 
【睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)】

逆さまつ毛は、幼少期から高齢者まであらゆる年齢層で起こりうる疾患です。
原因は、おもに二つです。

 

1.皮膚が「余っている」ケース

まぶたの皮膚がまぶたの縦の距離に対して長すぎるために、まぶたが内側に巻き込まれた状態になっているものです。
上下の両方のまぶたで発症します。若年者の逆さまつ毛はこのケースが多い。

 

2.まぶたを形作る腱膜の緩み

まぶたを形作る腱膜が緩んで正しい形状を支えきれなくなり、まぶたが内反してしまうものです。
加齢とともに起きることが多く、そのほとんどが下まぶたに発症します。

 

1は、「埋没法」手術により改善するケースがほとんどです。

ただし、すぐに再発が懸念される状態の方もおられます。脂肪組織が多い場合などです。その場合は「切開法」を行い、余剰な皮膚とその下の眼輪筋を切除します。ただし「切開法」も全く再発がないとは言えず、ある程度は過矯正気味の手術が必要なこともあります。

「埋没法」「切開法」については、二重まぶたの項に詳しく書きましたので、そちらをご覧ください。

 

いっぽう、2.の手術を説明しますと、

睫毛の内反している2mm下の皮膚を切開して瞼板を露出し、それに連続する腱膜組織を瞼板から剥がし、さらに結膜側と眼窩隔膜側を剥離します。これにより「十分引き出せる」ことを確認します。

その上で、引き出した組織を再度瞼板と縫合、さらには睫毛側皮下に固定することで、瞼を十分に外に向けることができます。

1.の「皮膚の余剰」も生じていることが少なくなく、その場合は皮膚を切除します。

 

Recommend治療紹介

各治療法のページにて施術フローもご覧頂けます。

医療法人財団 青輝会 アオハルクリニック
[形成外科]

予約受付平日·土日祝
10:00-14:00 / 15:00-19:00(最終受付18:30)