六本木ヒルズの美容皮膚科·皮膚科·形成外科·歯科 医療財団法人青輝会 アオハルクリニック

AOHAL CLINIC HEALTH AND BEAUTY DESIGN STUDIO[歯科診療]

ご利用可能クレジットカード会社
ご予約・お問い合わせ[完全予約制]03-5786-1154 診療時間 診療日/月・火・水・土  10:00-14:00 / 15:00-19:00

二重になりたい!目力をアップしたい!目元の印象でお悩みの方に二重手術(埋没法・切開法)

about二重手術(埋没法・切開法)

二重手術

※この治療は自費診療です。

二重まぶたができるのは、瞼が挙上される際に、瞼板、挙筋腱膜に連続した皮膚が一緒に引き上げられることから、その構造を作り上げることが手術の目的になります。

手術には、一般的に埋没法と切開法の2種類があります。

 

<埋没法>
埋没法には、主に瞼板法と挙筋法の2つの方法があります。
『瞼板法』は皮膚を瞼板に縫い付けてしまう方法です。固定位置を増やすほど固定力は強くなります。

しかし、この術式では術後の腫脹が強く、まぶたを閉じた状態の時に縫い付けた部分が凹んでしまい、目立ちやすいことが欠点です。

『挙筋法』は、皮膚と眼瞼挙筋を連結させる方法です。糸を締め上げることなく、余裕を持たせることで、まぶたを閉じた際に凹まないように仕上げることができます。また腫脹も少なく、ダウンタイムの点で優れた方法です。眼瞼挙筋が挙上(まぶたが開く)するのと同時に重瞼線(二重の線)が現れるので、動きに応じたより自然な二重が獲得できるとされます。

一方、挙筋機能が弱い人には不適当なため、手術適応には十分な診察が必要になります。

 

<切開法>
予定する重瞼線(二重の線)に沿って皮膚を切開し、挙筋腱膜に連続する眼窩隔膜を切開し、皮膚と連続させることで、動きに応じた自然な二重まぶたを作る方法です。埋没法では難しい重瞼幅の作成や、脂肪が原因の腫れぼったい目などが良い適応になります。

一方術後の腫脹、内出血は強く、ダウンタイムが長いのが欠点です。また、切開することによる瘢痕のため、術後の形態が予想しづらいことや、左右差が出やすいことも、欠点とされます。

Recommendこんな方におすすめ

  • アイプチ二重から解放されたい
  • 目力をアップしたい
  • 目が細くて気になっている
  • 腫れぼったい
  • 切らずに二重にしたい
  • 黒目を大きく見せたい

治療についての留意点

埋没法
  • 1術後の注意点

    ※手術の侵襲度や術後経過に応じて異なります。

    安静:手術当日はできるだけご自宅で安静にして下さい。
    飲酒:手術翌日まで控えてください。
    入浴:手術当日から創部以外の洗顔、シャワー浴可能です。湯船は2日後から可能です。
    運動:手術翌日から、軽い運動は可能です。
    化粧:アイメイクやコンタクトは2週間控えて頂きます。眉毛のラインは当日から可能です。
    腫脹:翌日~3日間が最も腫脹の強い時期となります。 その後1週間ほどで徐々におさまり、完全に落ち着くのは2~3カ月頃となります。
    内出血:2週間~3週間

  • 2手術後の受診について

    1カ月後 3カ月後 6カ月後 
    ※Drの指示により変更する可能性があります。
    ※術後目に違和感が生じたり、目やにが多い等あれば当院にご連絡頂き診察をご予約下さい。

  • 3治療に伴うリスク

    【合併症・副作用・危険性・後遺症の可能性】
    ※非常に可能性が低いことも記載しています。

    ○術後は、多少の出血、皮下出血・内出血、腫脹があります。腫脹は特に術後3日間が強く出現します。腫脹の程度には左右差が出ることもあります。開瞼は腫脹が引くにしたがって容易になります。
    ○治療の結果に左右差が生じることがあります。また、糸の固定力の消失による後戻りが見られる事があります。
    ○その他、角膜障害、兎眼、多重瞼、重瞼の緩み、眼瞼下垂の顕在化、術前不顕性の眼瞼痙攣の出現、創部疼痛(長期)、拘縮(ひきつれ)、感覚障害、術中・術後出血、血腫、内出血班、しこり、掻痒、色素沈着、感染、膿瘍形成、創部哆開、縫合不全、神経障害、局所麻酔アレルギー、アナフィラキシーショック、肥厚性瘢痕、ケロイド、再手術・再縫合の可能性、縫合糸の異物反応による体外排出、必要時医療機関紹介受診などの可能性があります。
    ○その他予測不能な事態など、当院が医学的に対処すべきと判断した場合に、それに対する治療・対応を講じます。それによって発生する費用は別途必要になります。

切開法
  • 1術後の注意点

    下記説明は目安です。
    手術の侵襲度に応じて異なります。詳細は術後スタッフにご確認下さい。

    安静:手術当日はできるだけご自宅で安静にして下さい。車の運転・眼を駆使する事は当日お控え下さい。
    飲酒:手術2日後まで控えて下さい。
    入浴:手術当日は創部をなるべく濡らさないで下さい。シャワー浴は翌日から湯船は2日後からOKです。
    運動:手術2日後から創部に負担の掛からない軽い運動は可能です。
    化粧・コンタクト:1週間は控えて下さい。眉毛のメークは当日よりOK。
    腫脹:1-3日後が最も腫脹の強い時期となります。その後2週間ほどで徐々におさまり、完全に落ち着くのは3カ月ほどとなります。
    内出血:3週間~1カ月

  • 2手術後の受診について

    1カ月後 3カ月後 6カ月後 
    ※Drの指示により変更する可能性があります。

    術後創部に違和感が生じたり異常等ございましたら当院にご連絡頂き診察をご予約下さい。

  • 3治療に伴うリスク

    【合併症・副作用・危険性・後遺症の可能性など】※非常に可能性が低いことも記載しています。

    ○術後は、多少の出血、皮下出血・内出血、腫脹があります。腫脹は特に術後3日間が強いです。腫脹の程度には左右差があり、開瞼は腫脹が引くにしたがって容易になります。
    ○左右差が生じることがあります。また、糸の固定力の消失による後戻りが見られる事があります。
    ○その他、角膜障害、兎眼、多重瞼、重瞼の緩み、眼瞼下垂の顕在化、術前不顕性の眼瞼痙攣の出現、創部疼痛(長期)、拘縮(ひきつれ)、感覚障害、術中・術後出血、血腫、内出血班、しこり、掻痒、色素沈着、感染、膿瘍形成、創部哆開、縫合不全、神経障害、局所麻酔アレルギー、アナフィラキシーショック、肥厚性瘢痕、ケロイド、再手術・再縫合の可能性、縫合糸の異物反応による体外排出、必要時医療機関紹介受診などの可能性があります。
    ○その他予測不能な事態など、当院が医学的に対処すべきと判断した場合に、それに対する治療・対応を講じます。それによって発生する費用は別途となります。

Price治療価格の目安

  定価
(税抜)
二重手術 埋没法 1針固定 片側 ¥100,000
埋没法 1針固定 両側 ¥150,000
埋没法 2針固定 片側 ¥150,000
埋没法 2針固定 両側 ¥200,000
切開法 片側 ¥200,000
切開法 両側 ¥300,000

※診療開始後の返金には応じることができません。
※麻酔代は含まれます。
※術前検査・再診料・内服代・テープ,ガーゼ代は別途料金を頂いております。

医療法人財団 青輝会 アオハルクリニック
[形成外科]

予約受付平日·土日祝
10:00-14:00 / 15:00-19:00(最終受付18:30)