六本木ヒルズの美容皮膚科·皮膚科·形成外科·歯科 医療財団法人青輝会 アオハルクリニック

AOHAL CLINIC HEALTH AND BEAUTY DESIGN STUDIO[歯科診療]

ご利用可能クレジットカード会社
ご予約・お問い合わせ[完全予約制]03-5786-1154 診療時間 診療日/月・火・水・土  10:00-14:00 / 15:00-19:00

下まぶたは美しさ、若々しさのポイントに涙袋を強調したい!下まぶたのたるみを改善したい!目の下の脂肪取り

about目の下の脂肪取り

※この治療は自費診療です。

 

下まぶた(下眼瞼)の手術

◼︎下まぶたのお悩みの多くは「膨(ふく)らんでいる」こと

・20代や30代でのお悩み:生まれつき下まぶたの脂肪(眼窩脂肪)が多いため下眼瞼下方の膨らみにより、涙袋がはっきりしない。

・中・高年でのお悩み:たるみによる下まぶたの膨らみのために、老けて見える。また膨らみと頬の境界にできた溝が頬の陥凹と影を増強して不健康に見える。

アオハルクリニックでは、膨らみの原因である「眼窩脂肪」を、まぶたの内側(結膜)から除去することで膨らみを減少させる、という手術を行います。

さらに、美容皮膚科処置を組み合わせることもあります。たとえば、下まぶたの小じわが目立つ場合にはレーザー治療や高周波治療を、また、まぶたと頬の境界の溝が強調される場合はヒアルロン酸注入をそれぞれ組み合わせる事で、下まぶたの悩みに的確に対処いたします。

 

◼︎下まぶたのふくらみの理由は加齢による変化

加齢によって、下まぶたの「眼窩隔膜(頬骨と挙筋腱膜をつなぐ薄い膜で、眼窩脂肪を支えています)」が緩みます。加えて「眼窩脂肪」も前方に膨隆するのですが、これも加齢による「眼輪筋(眼を閉じる筋肉)」の緊張低下が原因です。

この、隔膜の緩みと脂肪の膨張によって、下まぶたの膨らみ(目袋)が目立つようになるわけです。

追い討ちをかけるように、下まぶたと頬の境界となる骨と皮膚をつなぐ靭帯がゆるむことで、膨らみがより低い位置で生じてしまいます。

もうひとつ。まぶたの下の頬が「痩せて見える」ようになることも、下まぶたの膨らみをよりいっそう目立たせます。この「痩せて見える」理由は、加齢で頬の皮下脂肪が痩せ、組織の緊張がなくなり、重力に抗して形を維持することができなくなって頬の組織が垂れ下がった状態になるためです。

 

◼︎アオハルクリニックの手術(経結膜下脱脂術)

まぶたの裏の脂肪組織を除去する手術です。

結膜を切開し、眼窩隔膜を露出させ、さらに切開すると、眼窩脂肪が出てきます。これを止血しながら除去いたします。

吸収される糸で縫合しますので、抜糸の必要はありません。

術後のダウンタイムが短く、術後数日は軽度の腫脹を認めますが、5〜7日ほどで軽快し、下まぶたの膨らみが小さくなっていることが確認できます。

下まぶたの膨らみが小さくなれば、膨らみの下にできている溝は浅く見える様になります。

なお、若年者では、下まぶたの膨らみが改善すると、涙袋が強調される様になります。一方、中高年者では皮膚のシワが増えたり、深くなったりする可能性があります。これらのリスクについては事前に丁寧にお話しいたします。

 

◆下まぶた(眼瞼)の構造 

下まぶたは上まぶたよりも小さく、機能も異なっています。

まぶたの構造図です。

①皮膚

②眼輪筋(瞼を閉じる筋肉)

③瞼板(瞼を形作る軟骨様の硬い組織)

④眼窩隔膜

⑤眼瞼挙筋に相当する膜様組織(瞼板につながっている)

⑥結膜

以上より構成されています。

Recommendこんな方におすすめ

  • 下まぶたの膨らみが気になる
  • 涙袋が加齢と共にたるんだようになった

治療についての留意点

経結膜下脱脂術
  • 1術後の注意点

    下記説明は手術の侵襲度に応じて異なります。
    ※詳細は術後スタッフにご確認下さい。

    安静:手術当日はできるだけご自宅で安静にして下さい。車の運転・眼を駆使する事は当日お控え下さい。
    飲酒:手術後2日目まで控えて下さい。
    入浴:手術当日は創部をなるべく濡らさないで下さい。翌日からシャワー浴OKです。湯船は2日後から。
    運動:手術翌日から創部に負担の掛からない軽い運動は可能です。
    化粧・コンタクト:1週間は控えて下さい。眉毛のメークは当日よりOK。
    腫脹:翌日~3日間が最高 その後1週間ほどで徐々に落ち着いてきます。
    内出血:3週間~1カ月

  • 2手術後の受診について

    1カ月後 3カ月後 6カ月後 
    ※Drの指示により変更する可能性があります。
    術後創部に違和感が生じたり異常等ございましたら当院にご連絡頂き診察をご予約下さい。

  • 3治療に伴うリスク

    【合併症・副作用・危険性・後遺症の可能性】
    ※非常に可能性が低いことも記載しています。

    ○術後は、多少の出血、皮下出血・内出血、腫脹があります。腫脹の程度には左右差があり、開瞼は腫脹が引くにしたがって容易になります。○下眼瞼下方の膨らみの低矯正または過矯正・左右差が生じることがあります。矯正の程度により医師の判断、再手術など必要な処置をご相談の上、行うことがあります。
    ○中、高齢者では、皮膚のしわが増えたり、深くなったりする場合があります。程度により、しわをとる手術治療やレーザーやヒアルロン酸注入による治療を勧めさせていただく場合がございます。
    ○その他、角膜障害、兎眼、下眼瞼内反、創部疼痛(長期)、拘縮(ひきつれ)、感覚障害、術中・術後出血、血腫、内出血班、しこり、掻痒、色素沈着、感染、膿瘍形成、創部哆開、縫合不全、神経障害、局所麻酔アレルギー、アナフィラキシーショック、肥厚性瘢痕、ケロイド、再手術・再縫合の可能性、縫合糸の異物反応による体外排出、必要時医療機関紹介受診などの可能性があります。
    ○その他予測不能な事態など、当院が医学的に対処すべきと判断した場合に、それに対する治療・対応を講じます。それによって発生する費用は別途となります。

Price治療価格の目安

  定価
(税抜)
目の下の脂肪取り 経結膜下脱脂術 片側 ¥300,000
経結膜下脱脂術 両側 ¥400,000

※診療開始後の返金には応じることができません。
※麻酔代は含まれます。
※術前検査・再診料・内服代・テープ,ガーゼ代は別途料金を頂いております。

医療法人財団 青輝会 アオハルクリニック
[形成外科]

予約受付平日·土日祝
10:00-14:00 / 15:00-19:00(最終受付18:30)